アルザス地方ストラスブールで書くブログ

パリ・シャンパーニュからストラスブールへ。フランス・アルザスのニュースや耳寄り情報を発信中!市場・メーカーの豆知識からフランス観光・海外出産・育児に関わる情報まで盛りだくさん。

Entries

募る不安…義母との日々

アルザスの義両親宅へ移り住んでから早3週間が経ちました。

産科のママさん講習にも毎週参加して、心の準備もできてきて、
出産がとても待ち遠しいこの頃…
しかし、それと反比例するように募る不安

ただの愚痴ですが、
本日は、義母の育児アドバイスを中心にご紹介します。

その1.子供のうち(5歳くらいまで)は、飛行機に乗せてはいけない。
私の母国は日本なので、本当なら早く連れて帰りたいです。
でも確かに、小さなうちは赤ちゃんに悪いんじゃないかと思い、お医者さんや助産婦さんに聞いてみました。
そしたら、
「赤ちゃんは、いろいろな環境に対応することができるので、生後すぐに飛行機に乗せたって大丈夫ですよ。」と!ヨカッター!
ryota_fev10←姉の子供。ほっぺたがかわいい。
早速、義母へ報告。
義母、「ダメ!ダメ!耳が変になるから5歳くらいまでは乗せちゃダメよ!」
来年のお正月には、日本に帰るつもりですが、一騒動おこりそうです

その2.おしゃぶりは生後すぐにあげた方がよい
私、最近、産院のママさん講習で、助産婦さんから、
「母乳で育てたいなら、赤ちゃんがお母さんのおっぱいに慣れるまでは、泣いててもおしゃぶりを与えないようにしてくださいね。赤ちゃんが混乱して、おっぱいを飲まなくなる可能性があります。」
と言われました。
ryota_dec09←姉の子供。かわいい。
早速、義母へ報告
義母、「そんなの重要じゃない。だいたい、ずっと赤ちゃんにおっぱい与えてたらあなたが疲れてしまうでしょ。おしゃぶりをあげたら、すぐ泣き止むわよ。」
助産婦さんに止められたのに…
きっと義母さんが、赤ちゃんの世話をしたいからだわっ…と勘ぐってしまうのは、私だけでしょうか。

その3.タオルやシーツは毎回交換。服も。
とっても綺麗好きな義母。
今も、入浴後のタオルはもちろん、皿をふくのに使ったふきんや、キッチンのタオル等も1回使ったら毎回洗う義母。
おかげで、洗濯機は毎日フル回転。

義母、「もちろん服も食後は毎回変えるわよ。赤ちゃんはすぐシミをつけるんだから。」
首のすわってない赤ちゃんの服を毎回変えるのって、すごく大変そうですが…

その4.デザートのクリームにはお酒(50°)を入れてもよい。
料理やケーキには「お酒をいれても、とぶから大丈夫」って言いますよね。
私もそう思ってました。
でも妊娠してからは、大好きなビールやワインを飲まないのはもちろん
なるべくお酒を使った料理やデザートも、泣く泣く避けてきたのです。

ところが、先週末、私は見てしまいました…!!!
table
手がすべった」と言って、お酒(50°)をクリームの中に注ぎ入れる義母の姿を!!!
クリームって、火を通してないから、アルコール飛びませんよね!?
後から食べた食後のデザートは、やはりアルコールの味がするものの、いつもと同じような感じ…
あなた今までこんなにアルコール入れてたんですね!!!

さすがに驚き、夫や義父の応援を仰ぎ、「次回からはデザートにアルコールをいれない。」ということを誓ってもらいました。

てか、あなた、
赤ちゃん思いなのか、そうじゃないのかドッチナンダー!!!

↓応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

Comment

ブログ登録のお願い 

さくらももりんごさん、こんにちは。
「出産」というキーワードで検索していて、こちらのサイトに辿り着きました。
わたしは、「女性ブログランキング」というサイトを運営しておりまして、ランキング参加者を探しております。
いかがでしょう、あなたも参加してみませんか?
キーワード 「女性 ブログ」で検索すると、Yahoo、Google、MSNでも上位に載っています。
興味がありましたら、よろしくお願い致します。
http://woman-blog-ranking.com/
  • posted by 吉野 
  • URL 
  • 2010.03/19 17:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

手強そう・・・ 

さくらももりんごちゃん、ご無沙汰してますー♪
赤ちゃん順調そうで何よりだね。初産のときのことを思いだし苦笑しちゃったよ。

日本でも昔ながらの考えってのが根強くって、私もイヤな思いをたくさんしたよ~。
アドバイスはすべて聞いているフリで!あまり逆らわず。
文句言っても通じない人っているじゃない?
実際に生まれたら主導権はママにあるんだから、強気で自分の育児を貫いてね。
ママになると急に度胸が据わるからきっと大丈夫。

助産婦さんたちの言っていることがすべて正しいよね。
フランスはまだまだミルク育児の考えが根強いらしいからその点は頑張って!というほかないけど。

そうそう、ベビーカー私も3輪タイプを使っていたよ。
フランスのガタガタ道にはやっぱり便利だね。

安産祈ってます~☆
  • posted by *nori* 
  • URL 
  • 2010.03/20 02:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

ええーーアルコールはちょっと!! 

手が滑ったとか、だめでしょうv-12
っていうか、赤ちゃんのいる女性に余計なストレスを与えちゃだめでしょう!!
主人とだってたまに考え方の違いでケンカになるのに(フランス人、赤ちゃん雑に扱いすぎ!)、お義母様とだったらさらに大変ですね。

おしゃぶりは、彼が断固反対なので、助産婦さんやPMIの人に「依存しない程度に使えば、ママのためにもいいですよ」と、どれだけ勧められても、絶対にダメって言ってます(理由、写真とったときにかわいくないから!?)。
昼間はいいんですけど、夜は彼が寝てるのを起こしたくないので、赤ちゃんが少しでもぐずり出したら、泣き止んで完全に寝付くまで抱いて人間トランザットになってずっと揺れてます。最近、赤ちゃん抱いてなくても気づいたら、私揺れてるみたいです(笑)
そんなとき、おしゃぶりあったら楽なんだろうなーって思いながら。
みんな、極端なんですよねーv-356



  • posted by ことり 
  • URL 
  • 2010.03/22 06:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>吉野さん
ありがとうございます。参考にさせていただきます。

>noriさん
義母は、とても親切で正直でいいひとなのですが、なかなか手ごわいですよ~。日本でもフランスでも嫁姑問題ってあるんだなーと実感してます。
先日は、涙ぐんでた私を見かねた義父が助け舟を出してくれ、一応のところは、「数々の義母アドバイスについて、たとえ何を言われようと聞くか聞かないかは私たちの自由」、ということで一件落着しました。頭ではわかっているのですが…。
赤ちゃんは周りのイライラとか敏感に反応するようですね。もっと強くならなきゃ。

>ことりさん
アルコールで手が滑った件に関しては、今ではネタとして何回か引用されるようになりました(苦)、その後は気をつけてくれてるので、ひとまず一安心です。
文化の違いなのか、フランス人の考え方ややり方極端だなとつくづく感じてますが、みんな正直者なのは、よい面もあるのかもしれないですね。私も早くこの環境に慣れて、いろいろ言い返せるようになりたいです。
赤ちゃんが生まれたら夜も眠れぬ日々が続きそうですね…!がんばります。ゴクリ

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ぶるぐれんとうざき

Author:ぶるぐれんとうざき
ぶるぐれんとうざきのブログへようこそ!
パリ、シャンパーニュ地方の生活を経て、学生時代を過ごしたストラスブールへ戻ってきました。アルザス人夫と娘と息子と5人暮らしの道産子です。北海道とアルザス地方の魅力をお伝えします!
ストラスブール・コルマール・ワイン街道の個人観光ガイド承ります。詳しくはこちら↓
あるざすかい-アルザス観光ガイド

検索フォーム

メールフォーム

当サイト・テーマに関するご質問・ご意見等ございましたら、メールをお送りください。フランス語翻訳、アルザス地方通訳・ガイドに関するお問い合わせも承ります。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

FC2カウンター

ショップ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

右サイドメニュー