アルザス地方ストラスブールで書くブログ

パリ・シャンパーニュからストラスブールへ。フランス・アルザスのニュースや耳寄り情報を発信中!市場・メーカーの豆知識からフランス観光・海外出産・育児に関わる情報まで盛りだくさん。

Entries

パリ「のだめカンタービレ」映画の撮影

シルバーウィークを利用して、友人・知人が来て、うれしい1週間でしたが、

なによりも嬉しかったこと、それは…
パリにて、
「のだめカンタービレ」の撮影
に行ってきました?走る2

そして、
瑛太としゃべっちゃいました?メロメロ
eita
私はすっかり恋におちました。

注※本日は、完全に自己満足の日記です。

問題の撮影場所はココ↓
salle_gaveau
第一次世界大戦前からあった由緒正しきコンサートホール。

もともとマンガのときから大好きで、
のだめに運命的なものを感じ、(←「のだめ」の生き写しとまで言われていた。)
音楽も好きで、ドラマも大好きだったのです。(←全話、夫にも見させた)
エキストラの募集があったときには、天にも昇る気持ちでしたシK

エキストラ集合予定時刻を過ぎ、
人だかりになる会場周辺。

少し、飲み物を…と入った、おなじみのカフェで…
staba
私「あれ、前の人、瑛太に似てる」(瑛太振り返る)
友人「えー、」
夫「あそこに千秋がいるよ」(玉木宏ほか、ウエンツ、小出恵介もいた)

彼らがまさに至近距離に!!!顔文字

フランス人がクールにコーヒーを飲んでる横で
友人と異様なまでに騒いでいたため、
瑛太がさらに振り返る。
私、聞いてしまいました。「写真一緒に撮っていただけませんか?」
瑛太「撮っちゃいけないって言われてるんで。」

一度ひくものの、再びトライ!
私「遠くから撮ってもよいですか?」
瑛太「撮影中も休憩中も写真は遠慮するようにって言われてるんで。」

彼の真摯な受け答えに、心臓は爆発寸前UP
すっかりゆでだこtakoになるのでした。
背も高くて、かっこよくて、あんなに気さくだなんて、
すっかり玉木宏よりも、瑛太さんのファンになってしまいました。


ところで、
彼らが去った後で、
の?だ?め?!!!」と、寄ってくるフランス人のおっさんが。
フランス人にものだめに間違われた!)

その後、3度すれ違い、サインを求められ笑
「私は、のだめじゃありません。」と、丁重にお断りするも、
無理やりサインを書かされ、
お礼に…と、描いてくれた絵がコレx
dessin_nodame
似てないけど涙。絵心ありますねー

その後、チャンスに恵まれ、コンサートホール一列目になり、
水川あさみが、バイオリンを弾く目の前に!!!(←友人は話しかけられてた)
完全に映画出演決定だな不明、と思っていた矢先に、
日本人なんで」という理不尽な正当かつ合理的な理由で、
後ろの方の席に送られる私と友人2人…泣き

kiyora_mine
私の夫は、まんまと1列目に残ったのでした。
(来春公開映画の、バイオリンコンサートのシーンで彼女の目の前にいる金髪男は私の夫です。)


それにしても、映画の撮影は、
30秒ほどの1シーンを撮るだけでも、
並々ならぬ、人手と、努力と、機械と、時間が、
つぎ込まれているということがわかりました。

俳優さんたちも緊張感ありました!
オーケストラは、本物のプロが弾いてました!
(一方、フランス人エキストラ達は、緊張感なく、
みんなおしゃべりに夢中で、何度も叱られてましたx
しまいには、雑誌や新聞を広げたり、眠ってしまったり、席からいなくなったり、
スタッフさんたちを困らせてました…涙。)

nodame
来年冬・春公開の、映画前編・後編「のだめ」楽しみです?♪
フランス在住で、まだ「のだめカンタービレ」を見てない方は、ぜひご覧くださいx

↓出産祝いにも最適!日本でフランスの子供服を買うならこちら
こけっとここっとショップサイトへ

応援クリックお願いします↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

Comment

 

おれがもし玉木宏だったら、瑛太に傾いた心を3秒で取り戻す自信がある( ー`дー´)キリッ

のだめには似ていても上野樹里には似ていないというのが痛いところだね。
  • posted by ひろし。 
  • URL 
  • 2009.10/15 01:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

いた(痛)ー!!!イタタタタ…(ノ△・。)
当たりすぎてて何もいえない…。

あんなに近くにいたのに、なぜもっと積極的にアピールしなかったのかを後悔する毎日デス。もう2度と会えないのだろうか…。なぜ「好きだ」の一言が言えなかったのだろうか…。触っておけばよかった…悶々

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ぶるぐれんとうざき

Author:ぶるぐれんとうざき
ぶるぐれんとうざきのブログへようこそ!
パリ、シャンパーニュ地方の生活を経て、学生時代を過ごしたストラスブールへ戻ってきました。アルザス人夫と娘と息子と5人暮らしの道産子です。北海道とアルザス地方の魅力をお伝えします!
ストラスブール・コルマール・ワイン街道の個人観光ガイド承ります。詳しくはこちら↓
あるざすかい-アルザス観光ガイド

検索フォーム

メールフォーム

当サイト・テーマに関するご質問・ご意見等ございましたら、メールをお送りください。フランス語翻訳、アルザス地方通訳・ガイドに関するお問い合わせも承ります。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

FC2カウンター

ショップ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

右サイドメニュー