アルザス地方ストラスブールで書くブログ

パリ・シャンパーニュからストラスブールへ。フランス・アルザスのニュースや耳寄り情報を発信中!市場・メーカーの豆知識からフランス観光・海外出産・育児に関わる情報まで盛りだくさん。

Entries

アルザスのエコミュゼ(エコミュージアム、野外博物館)

2016年。生まれて初めて映画制作に携わりました。
日本のかなり有名な監督とプロデューサーによるインディペンデント映画。
公開は2017年予定なので、また告知します。
フランスの映画制作業者の代わりに、キャスティング、ロケハン、許可申請、価格交渉、小物集め、撮影現場での通訳・同行など全てに関わらせてもらった作品。
大好きなアルザスが作品の随所随所に登場します。
素晴らしいスタッフの方々と、アルザスの方々に支えられ、一生涯忘れられない経験となりました。

その撮影現場となったアルザスエコミュゼについて、本日は紹介したいと思います。
エコミュゼとは?
エコミュゼ(Ecomusée)とは、エコロジー(生態学)とミュゼ(博物館)とをつなぎ合わせた造語。
その地域で受け継がれてきた自然や文化、生活様式などの環境を、研究・保存・展示・活用していくオープン式の博物館。
展示資料をそのまま保存し、住民自身が参加して運営している従来の博物館とは少し違ったコンセプトの博物館です。
アルザスのエコミュゼ
Copyright©Ecomusée d'Alsace

例えば、アルザス全域から木組みの家や建造物(教会、学校等)を、そのまま解体して持ってきて再建したり、アルザス全域の住人から譲り受けたアンティークな品々をそのまま保存したり、しています。
エコミュゼ・アルザス

エコミュゼは、フランス各地に50ほどあるらしいですが、アルザスのそれ(Ecomusée d’Alsace)はフランス最大、ヨーロッパ最大規模のものです!

民家、田、果樹園、雑木林、森、小川、水車小屋、などをそのまま利用していて、
まるで昔ながらの一つの村がそのままそこにあるよう。生きた形での生活文化の学習ができる場所なのです!
エコミュゼ・ダルザス

エコミュゼ・ダルザスの起源は、1971年。
アルザスの非営利団体が、アルザスにあった農業家屋の保存に乗り出し、その移築、公開を実現させました。
アルザスのエコミュゼ

家が再建されると、展示だけではなく、昔ながらの生活を説明するための実演を伴うようになりました。
かつての職人や農家の人々が着ていたような昔の衣装を着て。
エコミュゼは200人以上のボランティアの方々に支えられています。

鍛冶屋では、釘を打つ職人が火花を散らしています。
アルザスのエコミュゼ

農家では、豚やロバやガチョウを飼育し、畑を実際に手入れしています。
アルザスのエコミュゼ

無造作に置かれる農作物。「気持ち(お金)だけ置いて誰でも持っていけ」という状態になってました。
このユルさがたまらない・・・
エコミュゼ・ダルザス
本当に昔のアルザスにいるような気分になるのです。

焼かれたパンをその場で買ったり、時期によっては、子供にクッキーを焼かせてもらったり、
エコミュゼ・ダルザス

お酒を飲ませてもらったり。季節行事が1年中組まれています。
アルザスのエコミュゼ
これは子供のみならず、大人の教育にも非常によいですよ!

時期によって、ショーもあります。
雨の中、歌を歌う人々。
エコミュゼ・ダルザス

アルザス愛を感じました。

↓応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

人気ブログランキングへ

Comment

すご〜い! 

映画製作かぁー❗️
どこまでも幅を広げて活躍しつつ、家事や三児の子育ても❗️
ほんとパワフルでステキ❗️
絶対みまーす(⌒▽⌒)
楽しみ❗️

こちらは転職してすぐにドタバタトラブルに巻き込まれ、部署移動して少し落ち着いたところで、同い年の鬱持ちリーダーが重度の糖尿病で明日から入院するということで、今の現場からは退職することに。
4月から繁忙期で忙しいのに、、、引き続きなんとか頑張りまーす❗️

  • posted by よっしー 
  • URL 
  • 2016.03/23 08:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

そうだったのね 

ブログの更新ができなかったわけは、映画制作だったんだ。絶対見に行くからね。こちらもかなり忙しいです。昨日までは分刻みのスケジュールで、今やっと一息ついています。そんじゃまた。
  • posted by かさね 
  • URL 
  • 2016.03/23 22:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ぶるぐれんとうざき

Author:ぶるぐれんとうざき
ぶるぐれんとうざきのブログへようこそ!
パリ、シャンパーニュ地方の生活を経て、学生時代を過ごしたストラスブールへ戻ってきました。アルザス人夫と娘と息子と5人暮らしの道産子です。北海道とアルザス地方の魅力をお伝えします!
ストラスブール・コルマール・ワイン街道の個人観光ガイド承ります。詳しくはこちら↓
あるざすかい-アルザス観光ガイド

検索フォーム

メールフォーム

当サイト・テーマに関するご質問・ご意見等ございましたら、メールをお送りください。フランス語翻訳、アルザス地方通訳・ガイドに関するお問い合わせも承ります。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

FC2カウンター

ショップ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

右サイドメニュー