アルザス地方ストラスブールで書くブログ

パリ・シャンパーニュからストラスブールへ。フランス・アルザスのニュースや耳寄り情報を発信中!市場・メーカーの豆知識からフランス観光・海外出産・育児に関わる情報まで盛りだくさん。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランスストラスブールでクリスマスを想う

ご無沙汰しております。

今年も充実の1年でした。
モミの木

12月も半ば。
今年は11月パリのテロ事件があり、フランスに来る日本人観光客のお客様は半分ほどに減ったようです。
パリであった恐ろしいテロ事件によって、世界中で起きている問題に目が向けられるようになりました。

1570年から今までずっと続く、歴史あるストラスブールのクリスマスマーケットも、
今年はかなり規制が強くなっています。

町の中心部には、住民カードを持つ者以外は、車で完全に入れない、
土日、一部のトラム駅が使えなくなる、
中心となる広場では店を間引きする、
宗教性のある賛美歌などクリスマスの歌は町中でかけない、などなどです。
ストラスブールのクリスマスマーケット

クリスマス自体、キリストの降誕祭ですが、
イスラム教徒や他の宗教の信者に配慮し、
商店や学校などでは、
商業的な面(サンタクロースがプレゼントを運んでくること)を前面に押し出すようにしています。
キリスト教徒にしたら、なんじゃそりゃという感じですが。

この12月の時期がくると、子供のクリスマスパーティー、幼稚園行事がわんさかあるわけですが、
今日は、ちょっと感動することがありました。

2番目の子供、楓が行っている幼稚園でパーティーがあるというので、行った所、
予期していなかったのですが、子供たちのコンサートがありました。
3歳~5歳の園内の子供たちがみんな集まって歌を7曲ほど披露してくれました。

ただそれだけでも、我が子の成長を見て、うるうるとしていたわけですが、
最後に園長さんが、サプライズで用意していた子供たちの歌は、胸を打つものがありました。

映像は悪いですが、こちらがそれ。
[広告] VPS


パレスチナの子供(Enfants de Palestine)』という歌。
フランスの公立の幼稚園、学校では、宗教性のある歌は教えません。
宗教と政治を分離するライシテ(政教分離)の原則があるからです。
だから、学校で歌うのは、クリスマスの歌でも、キリストの誕生を祝うものは1つもありません。

白人も黒人も黄人も、
イスラム教徒もユダヤ教徒もキリスト教徒も仏教徒も、
狭い園内の体育館にぎゅうぎゅうになって子供の歌に耳を傾ける。
私の色眼鏡で見たところ、涙を浮かべている人が何人かいました。もち私も!

私の周りには、
友人にも、仕事仲間にも、仲のよい子供の親たちにもイスラム教徒がいます。
なじみがない部分もあるけれど、フランスで仲良く暮らしてきてます。

社会の問題は考え出したらきりがないけど、
何にもできなくたって、
世界中どこにいたって、
純粋にみんなで平和を願う気持ちはあっていいのではないかと、
きれいな子供たちの歌声を聞いて、想ったのでした。

今年のクリスマスは、この歌が頭を離れなさそうです。
マイケル・ジャクソンの『We are the world』のフランス版と言ってよいのではないのでしょうか。

歌はもうちょいいい映像のものが、youtubeにありました。


歌詞は直訳ですみませんが、こんな感じです。


パレスチナの子供も
イスラエルの子供も
アメリカの子供も
中国の子供も
このクリスマスの日に

地球や空に
目を向けて
クリスマスを信じよう

灰色の朝も
虹色の朝も
関係ない
今宵はクリスマス

銃音よ鳴り止め
クリスマスというこの時期だけは

※繰り返し

いつか、きっと、来るはず
鳥が舞う空を見上げる
はちみつ味の日

光の羽に
永遠の鳥
ハトが地球に舞う
クリスマス

※繰り返し

↓応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

人気ブログランキングへ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ぶるぐれんとうざき

Author:ぶるぐれんとうざき
ぶるぐれんとうざきのブログへようこそ!
パリ、シャンパーニュ地方の生活を経て、学生時代を過ごしたストラスブールへ戻ってきました。アルザス人夫と娘と息子と4人暮らしの道産子です。北海道とアルザス地方の魅力をお伝えします!
ストラスブール・コルマール・ワイン街道の個人観光ガイド承ります。詳しくはこちら↓
あるざすかい-アルザス観光ガイド

検索フォーム

メールフォーム

当サイト・テーマに関するご質問・ご意見等ございましたら、メールをお送りください。フランス語翻訳、アルザス地方通訳・ガイドに関するお問い合わせも承ります。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

FC2カウンター

ショップ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。