アルザス地方ストラスブールで書くブログ

パリ・シャンパーニュからストラスブールへ。フランス・アルザスのニュースや耳寄り情報を発信中!市場・メーカーの豆知識からフランス観光・海外出産・育児に関わる情報まで盛りだくさん。

Entries

こうのとり徹底解析!ユナヴィールの公園より

こうのとり
それは幸せを運ぶ鳥。
それは子供を運ぶ鳥。
hunawihr_parc9.jpg
春。それは繁殖の時期。
こうのとりたちは、5個前後の卵を生みます。
子思いのこうのとり。
安産のお守り、シンボルともなったこうのとり。

アルザス地方では、その繁殖に大成功し、今では、春夏にアルザスワイン街道を旅すると、こうのとりに必ず出会えます。
その辺を歩いていたり、その辺を飛んでいたり。
体重は3kgほどのスリムな鳥(鶴にそっくり)ですが、巣の重さは、500kgにもなります。
こうのとり公園
翼を広げると2m!

ここアルザスのユナヴィールには、こうのとりの繁殖を行うユニークな公園があります。
ユナヴィール
その名も、「centre de réintroduction(繁殖センター)」!あまりお洒落な名前じゃないけど。
第二次大戦後は3対ほどしか残っていなかったこうのとりを、見事に繁殖し、現在では、アルザスだけでも1000羽以上の鳥が生息してます。
ユナヴィールのこうのとり公園でも、半分ほどは野生にかえらせているそう。
こんな時代に嬉しいこともあるものです。

入口付近に現れる池。
なんかもぞもぞ動いてるような、動いていないような・・・
目を凝らしてみると、カメです。
こうのとり公園
手の届くところに、カメの大群発生・・・

子供はまず好きですね。
暑さをしのぐ木陰のいっぱいある公園。
こうのとり公園

こうゆう沼の上を歩いたりとか。
こうのとり公園

五感で感じるラビリンスを抜けて、
はだしで遊んだりとか。
こうのとり公園


ペンギンやカワウソのショーとか。
hunawihr_parc7.jpg

大人だけでもかなり楽しめます。

泳いでる魚にも、ご自由にお触りください。
こうのとり公園

こうのとりは肉食の鳥です。
トカゲとカエルとかが大好物。
悪の象徴である上記の動物たちを食べてくれるから、聖性を持つ鳥とも考えられていたらしい。
hunawihr_parc8.jpg
おにぎりを狙うこうのとり。
お昼の時間は、ビールを飲みながら、タルトフランベを食べれます。

こうのとりは、一度巣を作った場所に必ず帰ってこようとします。
夫婦仲むつまじい鳥、こうのとり。
hunawihr_parc10.jpg
湿地を好むこうのとりは、アルザスが大好き。
私もアルザスが大好きです。

↓応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

人気ブログランキングへ

こけっとここっとショップサイトへ

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.04/27 11:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

ストラスブール発 アルザス幸せの鳥を探して 

5月8日にBS-TBSの「地球バス紀行」で上のタイトルの通りアルザスのコウノトリをバスに乗って探し求めるという番組がオンエアーされました。

ストラスブールを出発点にコルマールの大聖堂にコウノトリがいるという情報を得て、バス(のみ)でコルマールにたどりついてました。

ストラスブール→クラウターゲルサイム→オベルネ→バール→シャン・デュ・フー→セレスタ→リボヴィレ→コルマール到着

全行程バスなので、とっても時間がかかり大変そうでした。途中スキー場のシャトルバスなどに乗ったりしてました。

とまあ、「あるざすかい」のサイトでもお馴染みの町の名前が随所に出てきて、アルザスへ行きたくなりました。
  • posted by かさね 
  • URL 
  • 2014.05/15 12:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

はじめまして 

はじめまして、ストラスブールに住み始めて1年半がたちます。たびたび拝見させて頂いておりましたが、久しぶりに更新されており、嬉しくなってコメントを残させて頂きます。来月はわたしもこちらで出産を致します!ドキドキしていますが・・・このように子どもが遊びに行ける場所の情報などを発信して頂けること、嬉しく思います。
また遊びに参ります。
  • posted by Maria 
  • URL 
  • 2014.05/16 17:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

ありがとうございます。 

>かさねさん
地球バス紀行、なかなか充実の内容ですね。
本当に、日本のメディアの情報収集能力というのには、感嘆しています。
地元の人にも話を聞いているのだと思いますが、フランス人以上に知っている観光客の方々も多いです。

>Mariaさん
出産をご予定とのことだったので、既に出産された頃でしょうか!?
返信が遅くなってしまい、申し訳ありません。
おめでとうございます!!!
ストラスブール2年目とのことですが、応援してます!
きっと何かの機会に会うことがあるかもしれませんね。
ストラスブール周辺、子供の遊び場、非常に充実しています。本当に住みやすいばしょです。
また時々、紹介いたしますね。
  • posted by ぶるぐれんとうざき 
  • URL 
  • 2014.06/12 20:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ぶるぐれんとうざき

Author:ぶるぐれんとうざき
ぶるぐれんとうざきのブログへようこそ!
パリ、シャンパーニュ地方の生活を経て、学生時代を過ごしたストラスブールへ戻ってきました。アルザス人夫と娘と息子と5人暮らしの道産子です。北海道とアルザス地方の魅力をお伝えします!
ストラスブール・コルマール・ワイン街道の個人観光ガイド承ります。詳しくはこちら↓
あるざすかい-アルザス観光ガイド

検索フォーム

メールフォーム

当サイト・テーマに関するご質問・ご意見等ございましたら、メールをお送りください。フランス語翻訳、アルザス地方通訳・ガイドに関するお問い合わせも承ります。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

FC2カウンター

ショップ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

右サイドメニュー