アルザス地方ストラスブールで書くブログ

パリ・シャンパーニュからストラスブールへ。フランス・アルザスのニュースや耳寄り情報を発信中!市場・メーカーの豆知識からフランス観光・海外出産・育児に関わる情報まで盛りだくさん。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島最後の人、アルザスの原発に来る

さわやかで気のいい人。
健康的で動物好きな人。
やさしいのにとても意志の強い人。
それが、松村直登さんの印象でした。
(松村さんの横でフランス3にうつりました~
[広告] VPS

松村さんご自身は、世界中のテレビ、ラジオ、新聞に取り上げられています。

原発事故のあった福島(Fukushima)の名は、世界中に知られています。
あの人々を恐怖のどん底に突き落とした地震、津波、原発事故から3年の月日が流れました。
問題は全く、みじんたりとも終わっていない。けれど、日本人は必死で忘れようとしているみたい。
被災地、原発関連のニュースはほとんど見なくなりました。

私たちは、苦しいことを忘れなきゃいけないのか、自分だけ楽しければよいのか、今を必死で生きているのか、言いようは色々あるけれど、結局は自分がよければそれでよし。
私もそうだし、隣の人だってそうなのを非難することはできない。
自分(たち)以外のこととなると、あっというまに対岸の火事になってしまう。
そして早く火が消えてくれればよいのに、とそれだけ願う。

フェッセンハイム役場(フェッセンハイム町役場にて)
フランスアルザスにいなかったら、会うことができなかった人と、出会うことができました。
それは、松村直登さんと矢吹蓮さん。

フランス、ドイツ、スイス各地での反原発イベント、
欧州議会や様々なメディアの前での記者会見、
フランス最古のフェッセンハイム原子力発電所の訪問、など
超ハードスケジュールでヨーロッパを渡る2人がアルザスにいる間に1日だけご一緒できる機会がありました。
フェッセンハイム原発

松村直登さんは、福島第一原発に近い福島県富岡町で生まれ、今もずっと暮らしています。
たくさんの人が去り、町はゴーストタウンになりました。
置き去りにされた家畜や犬や猫たちに餌をやりながら、たった1人で暮らしています。
放射性物質を体に入れてます。
なんの音もない無人の街。そんな寂しい場所に、原発や大きな権力に屈しないで、ずっと住み続けている男性です。
がんばる福島:http://ganbarufukushima.blog.fc2.com/

矢吹蓮さんは、松村さんのお友達。
俳優、モデル、写真撮影、監督業など、精力的に活動しています。
彼は、何度も被災地を訪れ、町の悲惨な状況を写真におさめています。
ご自身で、生物救済を目的とする国際NGO 「Life Investigation Agency (LIA)」 を立ち上げました。
LIA:http://ngo-lia.org/

メディアに登場する人だから、器用で抜け目が無い人なのだろうと、勝手に思っていました。
でも、松村さんは、ただただ真っ直ぐな人でした。
矢吹さんは、ただただ強い考えを持った人でした。
数分話しただけで、数時間一緒にいただけで、とりこになってしまいました。

原発事故や天災はそれを経験した人にしかわからない。
私は全くそんな経験をしたことがない、幸せボケした人間です。
けれど、何か役に立ちたい。
もしそう思う人が他にもいたら、やっぱり募金とかした方がよいです。お金は何かと役に立つので。

この美しいアルザスの村々も、もしフェッセンハイム原発が事故を起こしたら、1日で姿を変えてしまう。

とりあえず、ちっぽけな自分に今できるのは、目の前にあることをしっかりこなすこと。1日1日を大切にすること。

松村さんや矢吹さんを今後も応援していきます。

↓応援クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

人気ブログランキングへ

Comment

お疲れ様◎ 

お仕事頑張ってるんだね!映像を見て、プロオーラが出てて、ドキドキしたよv-344
私も、原発事故の時に南相馬市にいたから、富岡町はすぐ近くで、富岡町の方たちと一緒にお仕事をしていたよ。
フランスにいて、日本の役に立ってるなんて、とうざきちゃんすごいね。
私も、早く地元の人たちの役に立てるように、出来れば、フランスの役にも立てるように前向きに頑張るよ。
とうざきちゃんも体に気を付けてね。新潟の地から応援していますv-353
  • posted by 砂糖 
  • URL 
  • 2014.03/31 17:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

初めまして 

日仏翻訳業の検索をしていたところ、当ブログに流れ着きました。
私も2月にColmarにいるCommission Locale d'Information et de Surveillance (通称CLIS) のメンバーの1人とHessenheimの原子力発電所の安全管理の件や、CLISの機能の件についてのインタビューの翻訳をしました。
Hessenheim原子力発電所も、遠目ではありましたが拝見しました。
日本政府も原子力発電の安全メカニズムについてヨーロッパに意見を求め資料を集めている最中ですので、その日本政府の行動と松村さんの行動が生かされ、いつの日か日本に於ける原子力発電所の問題が解決されることを私も願っております。

そして、翻訳業で日本とフランスの架け橋になっているとうざきさんが素晴らしいなと思いました。これからも頑張ってください。
現在私はパリに学生で滞在している身ですが、これからもし機会がありましたらどうぞよろしくお願い致します。

ありがとうございます。 

>砂糖ちゃん
ブログ読んでてくれてありがとう。
福島のことを思うとき、砂糖ちゃんのことを必ず思うよ。
すてきな家族とおいしい料理・・・いつまでも忘れられない思い出だよ。
南相馬だったんだね!富岡町の人たちとも一緒に働いてたことがあるんだね。
なんだか色んな問題があるみたいだけど、負けずに地元の人たちがんばってほしいよ。

>三戸さま
コメントありがとうございます。
原発の人は、原発の安全性を信じて疑いませんよね。
福島は福島、うちはうち、という・・・。
人間の作るものにはいつだって欠陥が現れるものだから、地球を不幸に陥れるものは作りつづけちゃいけないのだと思います。
  • posted by ぶるぐれんとうざき 
  • URL 
  • 2014.04/08 19:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ぶるぐれんとうざき

Author:ぶるぐれんとうざき
ぶるぐれんとうざきのブログへようこそ!
パリ、シャンパーニュ地方の生活を経て、学生時代を過ごしたストラスブールへ戻ってきました。アルザス人夫と娘と息子と4人暮らしの道産子です。北海道とアルザス地方の魅力をお伝えします!
ストラスブール・コルマール・ワイン街道の個人観光ガイド承ります。詳しくはこちら↓
あるざすかい-アルザス観光ガイド

検索フォーム

メールフォーム

当サイト・テーマに関するご質問・ご意見等ございましたら、メールをお送りください。フランス語翻訳、アルザス地方通訳・ガイドに関するお問い合わせも承ります。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

FC2カウンター

ショップ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。